ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

rss atom
2019財界ふくしま8月号
■2019参院選直前レポート
野党統一の必勝パターンは新人・水野を押し上げられるのか?
自民県連と岩城前参議との溝埋まらぬ森の蹉跌

7月4日公示、21日投票で行われる福島選挙区では自民現職の森雅子と野党統一候補で無所属新人の水野さち子による事実上の一騎打ちとなった。森は党本部の全面的な支援と業界団体の組織力を背景に、序盤戦を優位に進めているが、野党統一候補には非自民勢力を結集して自民党の候補者を打ち破ってきた必勝パターンがある。果たして、森の優勢を覆すだけの勝算が野党統一候補の陣営にはあるのだろうか―。

■検証レポート
道の駅「しもごう」の着服・横領疑惑―実体のない内部調査の舞台裏が明らかに!!
県議会事務局の名を騙った町の卑劣な手口
本誌1月号、2月号で追及してきた第三セクターの下郷町地域振興蝓兵卍后星學下郷町長)が運営する道の駅「しもごう」で発覚したW元副駅長による狠緝・横領疑惑瓩猟敢嵯覯未報告された。しかし、町側はこの第三セクターの筆頭株主で道の駅が町有地であるにもかかわらず「議会に調査権はない」という刷り込みをし、幕引きを図ろうとしている。
  
■総力特集/首長選議員選当落完全予想
●首長選
・鮫川村…現職の勇退表明で無風から一転、選挙戦の可能性も?!

●議員選
・郡山市…今回も混戦必至の大選挙戦へ
・会津若松市…現職も危うい当落線上のきわどい争い
・須賀川市…大幅入れ替えだが少数激戦か?!
・大玉村…依然低調ムードでささやかれる無投票
・西郷村…少数激戦?あるいは無競争?

■トップインタビュー/管野啓二福島さくら農業協同組合代表理事組合長
地域に根差すサービス業へ立ち返る
力を結集できる組織作りに尽力
■トップインタビュー/小野圭一福島県中古自動車販売協会長
安心と信頼をモットーに
会員の拡大、次世代人材育成に力を入れていく
■トップインタビュー/相良元章螢▲櫂蹈ス代表取締役社長
創業50年を一つの転換期に暮らしの駅前食堂を目指す
エネルギーと住まいの総合的なサービスを
■トップインタビュー/渡邉拓也會津通運蠡緝充萃役社長
時代にスピーディーに対応し100年起業を目指していく
ニッチな産業も展開

■編集長インタビュー/梅本典夫 全国主食集荷協同組合連合会長
米穀扱いのプロとして、生産者と流通をつないでいく
国策の変遷に対応しながら事業構造を変革してきた

風評被害の克服と震災前の水準に農産物の需要回復に取り組む本県から、穀物の集荷などを扱う全国組織の会長に梅本典夫氏が就いた。米は食糧管理法によって計画的な流通がされてきたが、現在はその制度もなくなり生産農家による直販も増えている。国の統制による登録事業者として集荷や出荷を担ってきた商系事業者は、これからどのようなビジネスモデルを打ち出していくのか。そのトップに立つ梅本会長に聞いた。

■特別インタビュー/鈴木久社会福祉法人昌平黌理事長
将来を見据えた地域性に合う介護制度が必要

■特別連載 拭崕詑栄一 幕臣の意地を貫いた世紀の大実業家」
作家・星 亮一

■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
【第47回】福島第一原発事故が福島の母子の心をいかに傷つけたか
筒井雄二福島大学共生システム理工学類教授 災害心理研究所所長

■連載/ドクターGOの医療徒然草
遠藤 剛(医療法人)健心会えんどうクリニック院長
〈第22回〉高齢化社会と介護

■ざいかい短信
・「違法ではない」という前後猪苗代町長の言い分
・母子生活支援への郡山市の姿勢に犁震筬瓩寮

・ 販売価格

730円(内税)

・ 購入数